やりたい

男という前提なら数多くの女性とやりたいだけなのかもしれない でもその説に任せて自分より不運だった人により不運を実感させるのはどうかと思う かといって自分より幸運な人には取り付く島がない ということは狙うなら自分と同じくらいの運の人を狙えばよい…

リア充

経済学部にいたにも関わらずケインズの「わが孫たちの経済的可能性」というエッセイの存在を知ったのは大学生を卒業してからしばらく経ったつい最近のことだった。 昨今の若者にとってリア充は憧れだ。多くの場合その言葉は恋愛を行うパートナーがいることを…

正しいこと

経験を積んだ女性の話は社会において大抵正しいとは思うが、同時に経験を積んだ女性のような人間関係を重視するしか楽しめず生き残れない社会的弱者の意見が正しいとされないような社会は絶望的でもあるとも思う。

社会貢献

自分は社会に貢献したいことになっている。社会人としては当然だ。「あなたは何のために仕事をしているのですか。」と問われたら「はい、社会に貢献するためです。」と間髪入れずに答えることができるのが勤務時間中の自分だ。もちろん頭の中まで本気で社会…

正しさ

言語で正しく何かを表現し伝えようとすると、困惑する。例えば、「りんごは赤いよね」。世間では理解されうる表現だと思うけど、赤を理解できない視覚を持つ人のことを考えた上での表現なのか、自分にとっての「赤」の意味と相手にとっての「赤」の意味が同…